女性医師の求人募集.com

女性医師の出産について

近年、医師国家試験合格者に占める女性の割合は30%を超えており、今後も女性医師の活躍は増えていくと予想されています。そして医師という職業柄、不規則な勤務体系や過酷な労働環境から晩婚の傾向にあるものの、女性医師全体の7割以上は結婚して子どもを持っています。女性医師というと聡明で闊達なキャリアウーマン、独身でバリバリと男性医師同様に仕事をこなすキャリア志向のイメージが強くありますが、プライベートな幸せをしっかりつかんでいる女性医師も少なくないようです。

しかしながら女性医師の場合、出産やそれに続く子育てが医師としてのキャリアを大きく左右し、子どもを生む時期について悩む女性医師も多いのです。実際、病院で働く勤務医の場合では医師の1週間当たりの労働時間は平均60時間以上、月の残業時間100時間、当直をはさんだ36時間連続勤務、オンコールで深夜の呼び出し、など一般的に医師の労働環境は過酷です。保育所を併設する病院や、当直免除などの負担軽減を図る医療機関もあるようですが、まだまだ環境整備は進んでおらず、突発的な急患の場合に子どものお迎えはどうするのか…?など現実的な問題もあるでしょう。

 妊娠や出産は自然の摂理ではありますが、人によっては体調を崩すことも多く、過度な仕事やストレスが健康な赤ちゃんを産む障害となることも少なくありません。また日本はトップクラスの医療水準であるにもかかわらず、妊産婦の死亡率が先進国の中でも比較的高いと言われており、妊娠中の過度な労働・ストレス・プレッシャーが起因しています。妊娠中は睡眠や休息を充分に確保し、労働時間の短縮や仕事の負担軽減を積極的に行い、妊婦さんを守る労働環境が必要なのです。医師の場合には激務がたたって切迫早産(妊娠22〜37週未満での分娩をさし、胎外生活能力の低い子どもが出産される)になる人が多く、医師のように医療現場に勤務する場合には流行のウイルスや風邪などに感染するリスクも高く、人1倍の注意と対策が必要になるでしょう。

 また医師になるには、浪人や留年をせずにストレートで医師になったとしても研修医を終える頃には26歳です。研修医が終わって直ぐの医師は、現場ではまだまだ半人前のため、この時点で子どもを生む場合には、出産してから研修医を一からやり直す覚悟も必要です。研修医を経て数年の臨床経験を積んである程度のことができるようになったら直ぐに30歳を迎え、この頃に機を逃せば確実に晩婚・高齢出産の域に入ってしまいます。 出産の時期・タイミングも女性医師には重要な転機となると言えるでしょう。

女性医師転職支援サービス・ランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
【 当サイトがお勧めするポイント 】
●リクルートドクターズキャリアはリクルートが運営する医師専門の就・転職支援サイト!
●‘女性医師求人専門サーチ’として女性医師専用にサイトを立ち上げ、他にない特徴です。
●「医師転職・医師アルバイト紹介のプロ」が女性医師一人一人にぴったりの求人をご紹介。
●女性医師専門のキャリアアドバイザーがマンツーマンで丁寧に全力サポートいたします!
●リクルートドクターズキャリアは転職・復職などライフスタイルに合わせた仕事をご提案。
●「女性医師大歓迎」「育児ママ安心」「当直なし」等女性医師に嬉しい求人案件が豊富です。
●会員登録すると定期的な新着求人メールや特別非公開求人の紹介を受けることができます。
●理想の病院探し、面接の日程調整、年収・待遇などの勤務条件交渉を完全サポートします。


 >> TOPページでランキングの詳細を見てみる



▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 女性医師の求人募集.com All Rights Reserved.