女性医師の求人募集.com

女性医師の割合

病院や診療所はもちろん、健康や病気に関する情報メディアにおいて女性医師の活躍が多く見られるようになったことからもわかるように、近年、女性医師の割合は増加しています。1975年頃には女性医師が占める割合は全体の約10%に過ぎず、女性医師と言えば眼科・耳鼻咽喉科・皮膚科・精神科など救急救命対応がほとんどなく、勤務条件が比較的緩やかな診療科に勤務するのが主流でした。しかし近年、医師国家試験合格者に占める女性の割合は30%を超えており、男性医師がほとんどだった外科・小児科・産婦人科などの診療科でオンコール、当直、救急救命にも対応し、活躍する女性医師が増えてきています。特に女性医師は20代、30代の比較的若い医師層で全体の半数以上を占めており、今後もその比率は伸張傾向にあると言われています。

 女性医師の診療科目別における割合をみて見ると、医療訴訟のリスクが高く、特に小児科においてはモンスターペイシェントの存在から、医学部生からは嫌煙されがちな診療科目であるにもかかわらず、小児科(全体の約30%)、産婦人科(約22%)に女性医師が多い傾向が見られます。最も女性医師の割合が高い診療科は皮膚科で、逆に割合が低い診療科は肛門科や泌尿器科となっています。専門や診療科目は医師自身の選択によるものではありますが、肛門科や泌尿器科についてはデリケートな部分の診療・受診となるため、女性側からすると女性医師の活躍を大いに期待したい領域かもしれません。

 女性医師の割合が増え様々な領域における活躍は、女性の社会進出や雇用機会均等の観点からすればとても素晴らしいことではありますが、女性医師の増加は医師不足や医療現場の労働力ダウンをはらむことを充分に認識しておかなければなりません。女性医師は医学部卒業後5年目から10年以内に職場を離れる傾向にあり、女性医師全体の55%、年代が上がるにつれて70%以上の女性医師が一度は仕事を辞める経験をしています。その理由となるのが妊娠・出産・育児です。  6年間という長い学業をようやく終え、研修医を乗り切り、これからようやく戦力となりつつある時期に女性医師が職を離れていくことは大きな損失です。しかしながら精神的にも肉体的にもハードな医師の仕事は、子育てと両立できるほど容易な職業ではなく、仕事に未練を残しつつもキャリアを断念し職を離れる女性医師が少なくないのが現状です。

 こうした離職や休職を減らして医療人材を確保するために、女性医師に対する様々なサポートや政策が取られ、働き方はますます柔軟・多様化しています。女性医師にはキャリア継続を諦めず、ワークライフバランスのとれた仕事と生活の実現が叶う時代がきています。

女性医師転職支援サービス・ランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
【 当サイトがお勧めするポイント 】
●リクルートドクターズキャリアはリクルートが運営する医師専門の就・転職支援サイト!
●‘女性医師求人専門サーチ’として女性医師専用にサイトを立ち上げ、他にない特徴です。
●「医師転職・医師アルバイト紹介のプロ」が女性医師一人一人にぴったりの求人をご紹介。
●女性医師専門のキャリアアドバイザーがマンツーマンで丁寧に全力サポートいたします!
●リクルートドクターズキャリアは転職・復職などライフスタイルに合わせた仕事をご提案。
●「女性医師大歓迎」「育児ママ安心」「当直なし」等女性医師に嬉しい求人案件が豊富です。
●会員登録すると定期的な新着求人メールや特別非公開求人の紹介を受けることができます。
●理想の病院探し、面接の日程調整、年収・待遇などの勤務条件交渉を完全サポートします。


 >> TOPページでランキングの詳細を見てみる



▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 女性医師の求人募集.com All Rights Reserved.